あと残り2日!『THE DARKROOM会員展』

b0053900_2212561.jpg

金曜日の夜、用事があってまたDRへ!
タッチの差で友人2名に会うことが出来ませんでしたー…

むむっ、残念だわー…

芳名帳を見せて貰ったら、
既に何名かの友人も、母の知人も、
足を運んで下さっていて、

たった2枚しか展示してないのに、
本当にありがたい事だわ、と感激しております^^

改めて会場に行ってみたけど、
やっぱり、とても心地よい空間なので、

私を抜いても約60点の丁寧な作品たちを
是非ご覧になって頂きたいなー!と切に思います^^

さー。
いよいよ週末ですね!
私も一日在廊しておりますので!
(ちょっと席外しはあるかもですが…)

天気も良いようなので、是非桜木町にお出でくださいませ!



★展覧会詳細はこちら★




---

携帯写真は金曜日の会場。
とっても綺麗で盛り盛りのお花が飾って在りました。
百合が入ってるので、いい匂い^^





























[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-12-04 02:21 | Exhibition

今日から開催!『THE DARKROOM会員展』

b0053900_23393098.jpg

b0053900_23393023.jpg


本日から開催のDARKROOM会員展!
会場に名刺を置きたくて、会社帰りに寄ってきました。

自分が出展しているのは、横に置いといて、
この空間の心地の良い事!

白い壁、揃ったシンプルなフレーム。
60枚のモノクローム写真たち。

参加者30名の、それぞれの美意識と価値観が
美しいプリントで昇華している。

知り合いの方も、そうでない方もいるけれど、
知り合いの方はその方らしさ、
そうでない方も、その人となりを想像してみたり、と

心地よく、そしてとても気持ちが湧き上がる、
そんな展覧会になっていましたよ。

はー、なんだか楽しくて、一人でグルグル回って
見入っていたら、出展者でもあるjunさんが!

junさんと話てたら、DRで知り合いになった方もいらして、
3人で立ち話で写真談義^^

こんな風に繋がっていける力が
写真にはあるのだなー、と実感しました。

どうぞお時間がありましたら、足をお運びくださいませ。



★展覧会詳細★




***

携帯写真は、会場の様子。
写ってる範囲の倍くらい、
会場の広さがあります!

作品の下にネームプレート。
「672」は私のDR会員番号^^














































[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-11-30 23:39 | Exhibition

展覧会参加 『第7回 THE DARK ROOM会員展』

b0053900_013227.jpg
b0053900_0133067.jpg

Photo Exhibitoin
第7回 『THE DARK ROOM会員展』


会期:2010年11月30日(火)~12月4日(日)
時間11:00~19:00 (最終日は17:00まで)
会場:野毛Hana*Hana スペースB、C
住所:横浜市中区花咲町1-42-1-2F
電話:045-261-7654(THE DARK ROOM※水曜定休)

地図
※1Fがローソンですが、入り口はローソンの真裏になります。

***

昨年は6月に開催された、
THE DARK ROOM会員展。

今年は11月末に、参加人数30人と
拡大されての開催です。

一人2点での参加ですので、
総勢60点の美しいモノクローム写真が、
一同に介します!


私は…実はまだ、どのカットを焼くか
決めかねてますが^^;
今年の9月に行った八重山あたりのカットかな~。

「未発表新作」と言うことで^^
是非是非!ご高覧ください!!



在廊予定は12月4日(土)、5日(日)ですが、
4日(土)は会場で、午後からクローズまで
作品講評会を行っていますので、

もしかすると、作品鑑賞が
スムーズではないかも知れません…
その際にはどうぞご容赦下さいませm(_ _)m


もしご来場頂ける場合は、
事前に日時等お知らせ頂ければ幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します!























.
[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-11-30 00:00 | Exhibition

写真集づくり/サイアノタイプ

b0053900_2113511.jpg


DARKROOMのPhotoShcool#3は、
受講は全て終了してしまったけど、

2011年2月に、グループ展開催、
そして、オンデマンド印刷の写真集を一人一冊作る為、
12月には入稿作業がある。

…びっくりするくらいに、作業が進んでいない^^;
全部自分が悪いんだけどね^^;;;

一応、先日、台割とラフを兼ねて作ったダミーを
DR店長さんに見てもらった。

嬉しい言葉も、自分にとっては辛い言葉も
がっちりと頂いてきたので、

後はもう、黙々と作業をするのみなのです。
と、言う次第でして。

遅まきながらやり散らかした作業を
集結しつつも、推進しています。

今晩はもう26時を回ってしまったので
「報告」のみですが。




以前から集めていた印画紙用の用紙各2枚づつ、
薬液を塗布して印画紙を作りました。

その内の1種類で、テストプリントを取って
露光時間を決めて、本プリントを1種類。

「このネガ」で、残りの用紙で「用紙のテスト」をして、
写真集や、2月の展覧会向けのプリントを
進めたいと思っています。





って遅っ……^^;;;




今やることじゃないだろーって作業も
大いに含まれてるのが駄目なところ…

用紙を決めるテストなんて、
用紙を買い集めて六つにカットしたところで
済ませて置けることだったのになー…


後から悔いるから、後悔なのよ。


またそうやって、負の人生経験を積みまくる…
らしい、っちゃ、らしいんだけどね^^;

いや、駄目駄目!
やれるときは前倒し!

気持ちだけはそうしておかないと、
概ね出来ないことの多いお年頃だからね^^;

でも、今日はここまででもやれて良かった^^
明日も、この続きをがんばろう!


---


携帯写真は、本日の成果。
テストプリントは左から10分、15分。
手前の本プリントは20分…
相変わらずの露光時間の長さよ…

露光機のブラックライトの本数を変えたり、
そもそも、ブラックライトを新調したりして、
もうちょっと「時短」を図りたいわー…


それだって、もっと前から出来たことなのに><
ここでも反省しきり…







































[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-11-28 02:11 | Graphic

『ヨーヨー・マ 2010リサイタル』

b0053900_19514458.jpg

今年もマ様のリサイタルは、ピアノにキャサリン・ストット。
ミューザ川崎にて。


演目は、モリコーネやガーシュウィンとポピュラーなもの、
定番のブラームスのチェロソナタ、
マ様とストットに献呈されたフィトキンの曲、
〆はラフマニノフ、と
広く楽しめそうなセレクト。


ただ、開場時間が10分以上押してるのが
悪く影響しないと良いんだけどなー…





若干スタートが押しましたが、前半は問題なし!
やっぱりブラームスは良いし、
やっぱりチェロが好きだわー。
マ様のお人柄溢れる演奏が好きだわー。






●セットリスト
E.モリコーネ:ガブリエルのオーボエ(映画「ミッション」より)
G.ガーシュウィン:前奏曲第2番
C.マリアーノ:クリスタル
J.ブラームス:チェロ・ソナタ第1番 ホ短調 op.38
G.フィトキン:L
S.ラフマニノフ:チェロ・ソナタ ト短調 op.19

●アンコール
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
エルガー:愛の挨拶
[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-11-09 19:51 | Sound

暗幕設置

b0053900_1812642.jpg

b0053900_181267.jpg

私のアトリエは長年シルクスクリーン用だったので
露光機のある全暗室以外は、普通に光が入ります。
窓もあるしね。

サイアノタイプはそんなに感度が高くないので
夜に普通に蛍光灯のしたで感光紙を造っても
そんなには困って無かったのですが

本当は20ワットくらいの光源が良いそうで、
それに昼間も作業出来るようにしないと
サイアノをやりたい写真仲間を招くこともできないので

暗幕貼って暗室化計画を考えてまして。
ユザワヤ本店で遮光性の高い暗幕を購入して
早数ヶ月…f^_^;


本格的に作業に入る為にも、
本日、ようやく設置完了しました!

…ただ計って切って、挟んで
止めただけだけれどもー!


嬉しいのは超大昔に、
シルクスクリーンの個展で使った、
照明を設置するための器具が
こんなところで役に立っている事!

ずっと邪魔だったんだけど、捨てる事も出来ず。
今日のこの日の為にも、君らは家に居たのね!

そう思うと感慨深い(大袈裟…)



いずれにしても、これでサイアノ作業を
存分に行えます!

ただし。
今日はこんなんでかなり息切れ状態かなー…
惰弱でグッタリですけども。

まずはちょっと休憩してからねf^_^;




















[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-11-06 18:01 | Days

長崎へ。

b0053900_1033841.jpg

仕事で長崎に行くのは5年ぶり。
五島列島に教会撮影に行ったのは4年前か。

父の三回忌法要のあったこの時期に
こうやって訪れる機会があることは、
何か意義深い気がします。





4年前、
野性の鹿と管理人さんしか居ない、
五島列島の無人島で
電波の通じるダムのそばから
家に電話して父と話した。


翌々年、また教会撮影に行きたくて
旅の計画を立てて、飛行機も宿も
全部手配までしたけれど

父の入院があって、断念した。

結局長崎へ行かなかった事は
全くもって正しい判断だったから
それは本当に良かったと思っている。

その晩秋に父は儚くなったから…。




その後は母だけを置いて、
仕事ならいざしらず、
撮影や旅行に行くことも出来ず。


最近、ようやくちょっとだけ
落ち着いてきた母と
旅行に行ったり出来るようになってきた。


そして無事に三回忌法要が終わり、
翌日が祭日の今日、
こうして長崎に出張で来ている。

中断していた撮影の続きが
出来るようになる、

そんなスタートになると良いなと思うが、

今回は仕事が終わったら、
そのまま帰宅することにしている。



お世話になっている、大好きな大叔母が
また手術をする事になり、
高齢の大叔母には、相当の負担になるとのこと。

明日の祭日もお見舞いに行きたいから
長崎で撮影をしてる場合じゃないのだ。

二人の叔母達も、母方の祖母も
ここ最近、入院や手術が続いている。

どうか、全員が年齢なりの健康を取り戻して、
健やかに過ごせますように。
毎日祈るような気持ちだ。




生活基盤に不安が在るときには
本当に本気の撮影を続けるのは難しい。

だけれども。

チャンスはまたいつだってやって来る。
要は諦めなければ良いのだ。





だから今日はGR1sだけ持って。

仕事前の空き時間に、
上野彦馬の撮影した古い写真を見に行ってきます。


ちょっとおセンチさんだが、
(喉も胃液で荒れてるけどf^_^;)
気力は十分!

仕事も含めてやり切るぞー!







携帯写真は長崎空港ロビー。
凄いちゃんぽん押し!
丼に人が入れる勢いですよf^_^;





















[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-11-02 10:03 | *Mobile

『ドガ展』

b0053900_19505944.jpg



横浜美術館で開催中のドガ展。

浜美は月曜は営業なので、
「一時休業日」の今日、母と行ってきましたよ。

そもそも、今日は最近体調の悪い大叔母の病院へ。
まだまだ予断は許さないまでも、
どこか、また元気を持ち直して、
お家に帰れるハズ、と確信しています^^


*

さて、ドガ展ですが、
目玉の「エトワール」は、本当に美しい。

このやわらかく、美しい発色、
そして塗りではなく、線描を乗せて現される、

エトワールと称される踊り子が、
振り上げる腕や足の所作の
その起す風、動く空気。

それらは全て、
パステルだからこその表現だ。


ドガは失明寸前まで視力が落ちている中で、
その発色の明瞭さから、油ではなく
パステルでの制作を選択していたそう。



もし、自分が全盲まで行かないまでも、
どんどんと視力が落ちてしまったら、
写真を続けることができるだろうか?

ドガと同じように、創作の手を止めずに、
損なわれた器官を補えるほどの情熱を持ち、
何らかの工夫ができるのだろうか?


ドガ展では、油絵、多くの素描、
美しいパステル画のほかに、ブロンズ像も多く、
そして創作の為に撮影された、写真も出品されている。


いかなる状況下でも
美への探究を止めない。

自己表現の為の模索の証明だ。



もし、今日お見舞いに行った大叔母のように、
その長い長い生涯の先端で、
体調を崩したり、怪我をしたりした時、

私は一体、どうしているのだろうか?

生きることだけで精一杯であろうことは
想像に難くないけれど、

どうか、シャッターを押す指が動き、
シャッターを押したいと願う、
魂の動きがありますように。



その為にも、やっぱり健康で長生きだ^^
そして、永く写真を続けるのだ。
版画も絵も続けて行きたいと思う。


*

写真は、ドガ展のカタログを携帯で。
このカタログ、すっごく出来が良いよ。
装丁も気を使っているし、
なにより、内容がとても良い。
「ドガの読み物」としても成立してると思います^^



***


『ドガ展』
会期 2010年9月18日(土)~12月31日(金)
会場 横浜美術館
開館時間 10:00-18:00 (金曜日は20:00まで)
休館日 木曜日


















[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-10-25 19:50 | Exhibition

ハービー・山口写真展『1970年、二十歳の憧憬』

b0053900_13405973.jpg

b0053900_13405963.jpg

今、品川のCanon S Towerに居て、
ハービーさんの写真に囲まれながら
ハービーさんセレクトと思われるBGMを聞いてます。

仕事で来ると、どうってことのない
ただのビジネスビルですけど、
今日は違う気分です。

今回はハービーさんのオリジナルプリントから
大判インクジェットで出力した作品。


あの美しい手焼きは見れないけれど
大きくのびのびしてて、
これはこれでとても良いなー!

…きっと鬼のようにテストプリントして
その中からの「チャンピオンプリント」を
出してきているであろう事は
がっちり想像出来ますわf^_^;

採算度外視の時の、大企業の底力ですかねー
まぁ、そのための展示ですもんね


って、つい辛口にf^_^;





二十歳前後の作品達。
中学から独学で撮り続けていたとの事ですが

そうか、
やっぱりテクニックとかキャリアとか
そして機材とかね、

写真の本質に不可分に関わっているのは
そんな事じゃ全くなく、


その写し手、そのものなんだとまた確信した。


ゆるぎない愛情、
ぶれない魂、
思いの強さ。


写真に必要なのは、それだけだ。


でも、それを込め続けていくことの
困難さは尋常じゃない。


私にはまだ自分の地平線は見えて来ないけれど

先達の通ってきた道を、少しでもなぞらせて貰って
何かを得ていくことを、続けて行きたいと思う。


本当に良い展示なので、
是非見に来てほしいと思います。

注意点は日曜はクローズですよf^_^;












  。
[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-10-23 13:40 | Exhibition

『大哺乳類展 海のなかまたち』

b0053900_21565942.jpg

b0053900_21565955.jpg

b0053900_215659100.jpg

国立科学博物館で28日まで開催中のこの展覧会は、
6月までやっていた『陸のなかまたち』と2期での展覧ですが、

これでようやっと、コンプリート!です(^_^)


金曜日の夜の上野は、いろいろな展覧会を見に来ている人々で、
静かに賑わっています。
科博にも思った以上に人手がありました。




化石もあれば、復元模型もあり、
今回も触ったり、嗅いだり、ボタンを押して音を聞いたり、

そして、最新の発見された謎のクジラの骨格標本をはじめ、
地球で今起きている自然界の問題を提示し、
自然界の一角にはヒトも含まれている事を意識させる展示を展開してました。


博物館的埃っぽさはナリを潜めて、
今科学する鼓動を感じながら参加出来る新しい展示、
と言った感じ(^_^)

博物館の埃っぽさこそ大好きなんだけど(^_^;
この前向き感も楽しくて良いな!


もうね!
本気で大きい骨格が目の前にババーーン!とあったら
テンションはうなぎ登りですよ!
地球で一番大きな生物、シロナガスクジラの全身骨格標本、
肋骨の間をクルクル通りたい!!!

携帯写真はそのシロナガスクジラの骨格標本。
デカすぎて入り切らないのがまた素敵v



ヒゲクジラ類のクジラヒゲも触っちゃうし、
マッコウクジラの内臓で自然生成される、
幻の香料も嗅いじゃうよ!

ザトウクジラの鳴き声を聞きながら
いつか海で彼等に会える事を夢想して
じわーーーんとした気分を味わっちゃうよ!


は〜〜〜〜、楽しいぃぃ〜O(≧∇≦)o



惜しむらくは、閉館時間まで居ても1時間半も居られなかった事…
また行きたいけど、行ってない展覧会で28日迄のものが後2つ程あるし…


クジラの骨については、科博の常設展で心癒す事にします(^_^;


















[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-09-17 21:56 | Exhibition

『鹿児島県田中一村記念美術館』

b0053900_20495225.jpg

b0053900_2049529.jpg

b0053900_2049528.jpg

田中一村の絵を描く事への情熱は
魂を揺さ振る力強さに満ちている。


それは時に傲慢で、奇行で、
妄執なのかもしれない。

でもそれをゆるぎなく、
文字通りの命がけで
やり通して行くことを、

否定する事など出来るはずもない。


身を削って生み出すこと。
それしかないのだ。


そう、
腹を括って生きられたら
どんなに潔いのだろうか。



晩年、清貧の中での画業で
ある作品をどうあっても手放さない、
閻魔大王への手土産だから
魂は売らないと言ったそう。


このことを考える時、
私はいつも泣きそうになる。

私には売る魂さえないと言うのに。



**


今、一村の代表作は、千葉の美術館で展覧してます。
確か9月一杯だった気がするので
是非にも見に行って頂きたいと思います。

新発見された素描も見れるはず!

私も行かなくちゃ!


**


携帯写真は美術館の撮影可能エリアから。
一村の肖像写真として有名な一枚。


美術館は奄美パークという施設の一角なんですが
公園にある展望台からのぐるりな景色。
群青の海、深緑の杜。














[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-09-08 20:49 | *Mobile

初・奄美大島

b0053900_8261957.jpg

今日から全工程5泊6日で
出勤&夏休みです。


まずはお仕事で人生初の奄美大島へ。


奄美は、私にとって「田中一村・終の土地」。
閻魔大王に手土産、と描かれた「アダンの木」が
生まれた島です。


そんなエッセンスをちょっとでも
感じれると良いんだけどな。




携帯写真は久しぶりに羽田空港第1ビル。
エビちゃんが可愛いな(^_^)
[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-09-06 08:26 | *Mobile

野毛山動物園撮影

b0053900_14215856.jpg

今日は私の王子様、ハッセル持って来ています。
動物園の向かいが公園で、
本日はそこを重点的に。


でも私のラジエーターが機能してるうちにf^_^;




せみしぐれ、キジバトの声、
ヘリコプターの遠い轟音。

ほかに何もない夏のまひるま。


























[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-08-21 14:21 | Days

日帰り福岡。

b0053900_925274.jpg

ちょっとだけ暑さの緩んだ関東を離れ
残暑厳しい(らしい)福岡へ。


今日は日帰りで行ってきますよ。


保安検査場を通り、ターミナルのはじからはじまで。
時間があったのでウロウロして発見。


両端にそれぞれスタバがある!


ってあんまりなトピックスでしたf^_^;


では、行ってきま〜す!


























[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-08-19 09:25 | Days

北海道立三岸好太郎美術館

b0053900_21224498.jpg

2007年8月、「いつかは『飛ぶ蝶』に会いに」と言っていた。
先日の札幌出張の隙間を縫って、やっと行くことができました。
来るまでに3年かかってしまった…

北海道立三岸好太郎美術館

ちょうど札幌宮の森美術館では森山大道展をやっていて、
それもとっても気になってたんですが、
森山大道なら関東でも見れる気がして^^

だから、今回は三岸好太郎美術館へ。



*

『飛ぶ蝶』


展翅されてもピンを跳ね除ける、
死や永眠からの「復活」

画布をも飛び越えていく、
世界を打ち破るその「生命力」

ヒラヒラとした儚さこそが
美しさのようでいて、

その本質はとてつもなく力強い。



それこそが、
私の目指す「美」であると、
ずっと思っていたが

生きて行く時の指針、
そう目指して生きていくことこそが
「美」なのではないか。

本物とこうして対峙した時に

それはまるで、祈りの様に
内面から湧き上がってきた。


「永遠性」を牽引する「力強さ」。
それを目指して、私は生きていきたい。
そこに「美」を見出したい。


こうやって、迷い惑う道程の中で、
「確かなもの」と出会えること。

嬉しくてたまらなかった。
訪れることが出来て、本当に幸福だ。



b0053900_21224434.jpg

三岸好太郎美術館は、
北海道知事公館の敷地内にあります。
知事公館、超可愛い建物!

帰りは知事公館の庭を突っ切って。

ここもまた気持ちの良いところ!
今度はカメラを持って来たいなー!




























[PR]
# by jadegreen_garden | 2010-08-01 21:22 | Exhibition