<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

浅草演芸会

b0053900_12211649.jpg

母と一緒に浅草公会堂へ。

大助花子が好きな母は、
随分楽しみにしてたようです。

話芸もやっぱりライブが良いよね!

じいちゃんのライカに
新調しちゃった(^_^)ズマクロン35mmを付けて
持って来たので

ちい散歩、ならぬ
はは散歩の様子を撮影しようかと思います。

ロケーションもばっちりだし!
[PR]
by jadegreen_garden | 2010-01-30 12:21 | Days

杉本博司アーティストトーク

b0053900_13181698.jpg

Junさんと再びIzu Photo Museumへ。

昨年訪れた時、余りの感動に言葉も出なかった。
その作品を、その空間を作り出す作家の方のお話しを
是非とも伺いたい!

今日、その千載一遇のチャンス!

お話しを伺った後、
また今一度作品を拝見するのも楽しみです!
[PR]
by jadegreen_garden | 2010-01-23 13:18 | *Mobile

写真展『PRINTING ON THE STAGE』

b0053900_737640.jpg


PP写真教室でクラスメイトだったユキさんや、
プレミアムクラスの先輩方が

ピクトリコの紙を用いて、
大判出力した展覧会でした。

紙の出力見本にしては、贅沢すぎるなー。
大和田良さんまで出展してるしね。

でも用紙における多彩な表現力が
遺憾なく発揮されているし、

そもそも、写真自体もとても良くて

たまたま会場に居たユキさんや、God夫人と
閉場1時間もオーバーしてお話してきちゃいました。

作家の方とその作品の前で、
十分に語り合えるのは、展覧会の醍醐味だなー。

とても満足満足vな展覧会でした。

こういった機会がもっとあると
楽しいと思うんだけど。
[PR]
by jadegreen_garden | 2010-01-21 07:37 | Exhibition

ハービー・山口ワークショップ

b0053900_12402886.jpg

森日出夫先生のワークショップ、
もしかすると作品展示!に発展しそう、とのことで
幸先いいな〜!

朝の野毛山は光も空気感も気持ち良い!
…ハッセルのフィルムバックが
ギリギリ言って空回りしてる以外は…(T_T)


ひとまずだましだまし使う事にして、
これから始まるハービー先生のワークショップは、
十分に楽しみたいと思います!

友人も沢山参加してるしね!
[PR]
by jadegreen_garden | 2010-01-16 12:40 | *Mobile

森日出夫ワークショップ

b0053900_7155398.jpg

おはようございます。
朝7時スタートのワークショップに
参加するべく只今移動中です。

会社に行くより早起きだわ〜

森日出夫先生と朝の野毛を撮影して廻ります。

今電車の車窓から見える
朝焼けの美しさの様な

写真における「一年の始まり」と
なりますように!



本日、午後からは
ハービー・山口先生のワークショップ!


この超贅沢っぷりも、
スタートダッシュをさらに
加速してくれる事でしょう(^_^)
[PR]
by jadegreen_garden | 2010-01-16 07:15 | *Mobile

ついに開催!『Yokohama Photo Festival KICK-OFF Event 2010』

b0053900_0215797.jpg
b0053900_0221967.jpg

★★★
ヨコハマ・フォト・フェスティバル キックオフ・イベント2010

開催期間:2010年1月13日(水)~17日(日)
開催場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
(神奈川県横浜市中区新港1-1-1 TEL045-211-1515)
開催時間:11:00~19:00
入場料:無料 (※一部有料プログラム)

***

それは企業主体の今までの写真イベントからの
全くの乖離であり、

「カメラ大国・日本」が「写真文化大国・日本」に
漸う進化する為のトリガーとなる、

いや、そんな小難しい事じゃなくて^^;

写真に対する純粋で熱い気持ちが湧き立つイベント、
ついに明日から開催されますよ!


★公式サイト★


公式サイトTopページ、
細江英公先生のメッセージを是非ご覧下さい^^


***

今回のイベントでは、
13日、17日午後にボランティアとして参加します。

16日は、森日出夫先生、ハービー・山口先生の
ワークショップに参加させて頂きます。

私にとっても、幸先の良いスタートとなるイベントに、
きっときっとなる!と信じています^^


[PR]
by jadegreen_garden | 2010-01-13 00:33 | Exhibition

プラハ交響楽団 ニューイヤーコンサート2010

b0053900_1531672.jpg

初のみなとみらいホールから
聴き初めです。

年の初めのスラヴ魂!
演目一曲目は「モルダウ」。
幸先の良いスタートとなりそうですo(^-^)o




-----


指揮:ズデニェク・マーカル
ヴァイオリン:千住真理子★


●セットリスト

スメタナ:交響詩「わが祖国」より 「モルダウ」
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第5番 「トルコ風」★
ドヴォルザーク:交響曲第9番 「新世界より」


●アンコール

ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集第15番
[PR]
by jadegreen_garden | 2010-01-11 15:03 | Sound

バルナックライカ、試し撮り。

昨日、本年初DR作業。
じいちゃん形見のバルナックライカの試し撮りです。


いや~、使い方、本当に目検討すぎますので、
DR店長さんに連れられて、大貫カメラへ。

そこで簡単な動作確認と、操作の仕方を一通り
教えてもらって来ました。

・・・それでもわからなくなりそう、って言ったら
長徳さんのバルナック本からコピーを取ってくれたりして。

大貫カメラ・Sさん、親切だなー^^

フィルムも装填して貰って
野毛の場外馬券場近辺を撮影してきました。



で、こちらのコンタクトプリントですよ。

b0053900_210154.jpg


ズミクロン50mmの前玉に超拭き傷があるためか、
光の乱反射が起きているらしく


まるで「彼岸」のような
ソフトフォーカスっぷり^^;

なんだ~、
この期せずしてのあの世感^^;



このズミクロン、
ヘリコイドのオイルも固まっていて、
重くてまわしにくいって症状もでてるので、

こちらは修理をする事にして、



この「彼岸」っぷりを
このレンズの「味」と見るか、
「不良」と見るか…


ヘリコイドの修理が一ヶ月かかるので
その間、粗焼きとかしつつ、
判断したいと思います。


純正速写ケースの修理も
なかなか厳しいんですが、

できるなら「じいちゃん仕様」で撮影したい。

このカメラでばあちゃんとか、
母とかおじさんとか
撮影してあげたら
喜ぶんじゃないかなーと思うんです。



レンズを磨いてでも、がっちり撮影していくか、
写りよりも、気持ち(それもかなりおセンチ^^;)
優先でいくか。

道具は使ってこそ、とも思うんだけどなー。


しばらく考えたいと思います^^






(他のレンズを買っちゃうvってのもある^^;)
(…それは唯の物欲???^^;;;)
(いや、やっぱ広角が好きだなー、とかさ^^;)
[PR]
by jadegreen_garden | 2010-01-10 23:25 | Days

『木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン』

b0053900_11383283.jpg



木曜日も20時まで開いているのが
本当に素晴らしい!
東京都写真美術館へは会社帰りに^^



先日、MUZA川崎のジルベスターコンサートでも
思わず涙ぐんだのは、

人間の善良性を信じ、
不滅なるものの存在を信じられる、

と感じさせてくれたから。



即ち、「マスターピース」の前では、
唯、平身低頭することしか出来ない、と言いたい訳です。



木村伊兵衛
アンリ・カルティエ=ブレッソン


その美しいプリントっぷりでも感動し、
何度も見ている筈の作品の前でも
新鮮な感動で動けなくなり、


今回の超白眉、
「コンタクトプリント」の前で
思わず「おお~~(小声)」と
声を出して感嘆してしまいましたよ。


だって、コンタクトプリントなんて
滅多に見れない、どころじゃなく、
初めて見たよ!
凄いよ、本当に凄い!



その撮影中の作家の気持ち、
その心の動きが、

まるで我がことのように感じれる。

あ、絶対ここで
「きたー!」って思ったな!とかね^^


特に木村伊兵衛のコンタクトは、
セレクトして展示している作品を含むコンタクトなので、

その前後のカットを見てると、
その場に自分もいるような気分になれます。

あまりの感動に比喩でなく涙でました。





永遠で不滅なるもの。


この世には確かに存在するのです。
[PR]
by jadegreen_garden | 2010-01-09 11:38 | Exhibition

じいちゃん形見のバルナックライカ

b0053900_16524697.jpg昨年、ばあちゃんの米寿祝いの席で、
4×5で家族写真を撮っていたら、

おじさんから、
「お父さんの形見で貰った古いカメラを使うか?」
と言われました。


古いってどんなの?
きっと使ってないだろうからコンディションは?

と、思ったけれども、じいちゃんの形見だったら
それは例え壊れていても欲しいかも。


と、思ってお正月。
ばあちゃん家に親族が集まったときに
貰ってきましたよ、カメラ!

おー、ライカじゃん!
でも良くわからないわ~^^;

家に帰って調べたところ、

ⅢF後期のセルフタイマー付き、
レンズはズミクロン50mm、
クローズアップレンズも付いてました。

速写ケースは壊れてるけど付いていて、
じいちゃんの名前がDYMO(昔のテプラっぽいやつ)で付いてる。





古い道具がこうやって、手から手へ、
それは流れる血流のように。

これで写されてきた、じいちゃんと家族の時間や
それが今私の元にやってきて、
今度は私が写す時間や、

またその次の誰かの手に渡り
またその時代の時間を写すことを想像し


時を経て、繋いでいく事が
泣きそうなくらい尊いと感じます。


このカメラでもし撮影できたなら、
きっと目の前の光以上の何かを
写し取ってくれるんじゃないかな。

それはとても楽しみな事です^^




さー。
出来る範囲で動かしてみて、
分からなかったらDR持って行こう^^

ケースもメンテができると嬉しいんだけども。

じいちゃんの名前の付いたケースで
撮影に行きたいものです^^
[PR]
by jadegreen_garden | 2010-01-02 16:55 | Days