写真とは?を考える 『Photo is 10,000人の写真展2008』

b0053900_1182641.jpg


今年の『Photo is』では、


佐野史郎一家が三世代に渡って撮影して来た
「家族のスナップ」の丁寧に綴られたアルバムを見て

誰に見せる訳でもない、肩肘張らない、
けれど滔々と続いていく写真の
温かみある力を感じ

「私も家族写真を撮りたい!」と
写真に前向きになり、



世界の、日本の、
子供たちが「写るんです」で撮影した

全くの無作為な写真の素晴らしさに

「無作為になんか撮影できないよ…」と
打ちのめされ、



梅佳代のトークショーを聞いて
余りの天然さに大笑いし、

いっそ「神」とも感じる
あっけらかんさに言葉を無くし、



本日、
ご一緒頂いたpuddingさんの優しさ甘え、

気がついたら
5時間も私の泣き言に付き合わせてしまい…
(本当にすみません><)






 わたしにとって
 「写真」とは?





大いに考え、しつこく語る(愚痴る…)
そんな一日でした。




友人たちの写真もたくさん見たし
思いもかけず藤田一咲の写真も見れて

悩める自分を持て余しつつも


楽しい「写真の日」でした!


特にpuddingさんには、最大級の感謝を!
ありがとうございましたm(__)m



*

今年も『Photo is 空気感。』です^^
これって私の写真の目標でもあるので。

昨年、地元のお祭りで見かけた
浴衣の少女の襟足。
[PR]
by jadegreen_garden | 2008-07-06 01:14 | Exhibition


<< 椿山荘の蛍 ボタンを押せば >>