『1+14 横浜写真アパートメント』

テラウチ先生と14名のフォトグラファーの写真展
横浜で開催されました。

会場の北仲ホワイトはその昔の帝蚕倉庫群の1画で
本物のクラシック建物。
残念ながら今回のイベントを最後に
立て壊しだそうです。
b0053900_032770.jpg

横浜開港150年を目前とした今、
過去から受け継がれた建物を舞台に
その地、横浜を15人がそれぞれに切り取っていく。

生まれてこの方、ずっと横浜に住み
多分、今回展示をされている皆さんよりも
多く横浜を知る筈の私としては
心躍る展覧会でした。

私が思い続けた横浜の風景、
良く見知った場所が、見たことも無い顔をして
もっともっと好きなる。そんな印象を多く受けました。

はー。
私はずっと「ここ」にいて、
何を見て、何をしてきたのかと自問。
私だったら何を切り取って
わが街を表すのか?

たくさん考えて、たくさんドキドキしました。
ずっと写真を続けていくなら
じんわーりと撮影していきたいテーマになりそうです^^

**
b0053900_0334171.jpg

この展示のイベントでは、横浜を撮影したものを
Epsonのプリンターでその場で出力し
会場一部に展示出来てしまう!

私のチョイスはコレ↑^^

先日、家族で中華街の重慶飯店で食事をしたときの1枚。
海老と玉子のチリソース^^
その「ご馳走様」写真です。

横浜と言えば中華街は外せませんし、
食べ物写真が気分ですよ^^


**

【Photo: ヨコハマのバラ /2007 Apr. 神奈川県横浜市・北仲ホワイト】

上の写真はテラウチ先生の展示会場。
今回の展覧会は随所に「バラ」が飾ってあって
それがまた印象的。
なんといっても「横浜市の花」ですから^^
[PR]
by jadegreen_garden | 2007-05-01 00:01 | Exhibition


<< われに五月を 4月の宿題 『春の訪れ』 >>