特別公開 『横山大観 生々流転』



それは「水」が辿る一大クロニクル。


深い山間の木立に沸き立つ細かな霧が
一粒の水滴の旅の始まり。

集まった水滴は急流になり、岩を打ち、つり橋を揺らし
だんだんと穏やかな流れになりながら
里山を過ぎ、漁で賑わう海岸線を後にする。

広い広い海原を突き進むうち
大気を揺らし、渦巻かせながら

やがて龍神となって天へ駆け抜ける。

そしてまた雨を降らせ
一粒の水滴は壮大な旅に出るのだ。


それが大観の「生々流転」のモチーフです。


全てのものは姿を変えて流れ巡る存在である。
どんなに今を望もうとも、
また逆に
今がどれ程に忌むべき時であっても
ソコに留まることは叶わないのだ。


40メートルの大作は
静かにただそこにいて
多くのメッセージを私にくれました。

金曜日の夜、仕事帰りに無理にでも行ってよかったです^^



↓携帯での撮影…^^; 外の看板。

b0053900_19352.jpg




***


同時に「柳宋理」の展示もやっていて、
なんだかお得感いっぱいの近代美術館でした!
b0053900_192246.jpg
我が家で唯一の「柳宋理」はセラミックの白いティーポット
かわいくて好きなんですが、
母が「蓋がつかみ難い!」とお気に召さないようで
食器棚の奥にしまわれてしまいました^^;

生活の中に美しい姿形を!
インダストリアル・デザインの重要性は
計り知れないと実感します^^
[PR]
by jadegreen_garden | 2007-03-08 01:09 | Exhibition


<< 『フンデルト・ヴァッサー展』 2月の宿題『フィルタ』 サブテ... >>