木村伊兵衛写真展 『 in paris 』

2007年のお正月は銀座の「メゾン・エルメス」から^^
普段からは到底考えられないスタートです。

えぇ、間違いなく「お買い物」ではありませんで
エルメス8階のフォーラムで木村伊兵衛の写真展を見てきました。

b0053900_14543269.jpg
b0053900_1454503.jpg


今回の展示は、エルメスでカラー作品、
同じく銀座のライカショップではモノクロ作品を展示してました。
上下の写真はそのカタログ達。
う~ん、美しい作り^^
家にあったスポットライトのみで撮影したら
なんだか夕焼け色に^^

b0053900_14545611.jpg



パリがまだまだ「憧れ」のイメージが強かった時代、
彼の地において、木村伊兵衛であっても
所詮は自分は「異邦人」であると感じ、
あえて「カラー」での撮影を行った、とありました。

あの深いモノクロの世界と同じように
淡いような色見のカラー作品でも
被写体となった人々と街の息遣いを感じることができます。

シャッターを押したその瞬間、
撮影者が何を考え、何を感じていたのか。
私たちには伺い知れるわけもなく。
しかし。
だからこそ、その作品から自由に想像を巡らす事ができる。

パリ祭で華やぐ下町の人々、
夕暮れのコンコルド広場を行き交う人々

間違いなくその瞬間の「生(せい)」が
そこに写しこまれている、そう感じました。

そんな写真を撮影できるように
私もいつかなりたいです。

年始から良いものが見れて
2007年の幸先はきっと良いでしょう^^
[PR]
by jadegreen_garden | 2007-01-14 14:55 | Exhibition


<< 1月の宿題『フィルムの違い』 ... Magic Kingdom >>