北海道立三岸好太郎美術館

b0053900_21224498.jpg

2007年8月、「いつかは『飛ぶ蝶』に会いに」と言っていた。
先日の札幌出張の隙間を縫って、やっと行くことができました。
来るまでに3年かかってしまった…

北海道立三岸好太郎美術館

ちょうど札幌宮の森美術館では森山大道展をやっていて、
それもとっても気になってたんですが、
森山大道なら関東でも見れる気がして^^

だから、今回は三岸好太郎美術館へ。



*

『飛ぶ蝶』


展翅されてもピンを跳ね除ける、
死や永眠からの「復活」

画布をも飛び越えていく、
世界を打ち破るその「生命力」

ヒラヒラとした儚さこそが
美しさのようでいて、

その本質はとてつもなく力強い。



それこそが、
私の目指す「美」であると、
ずっと思っていたが

生きて行く時の指針、
そう目指して生きていくことこそが
「美」なのではないか。

本物とこうして対峙した時に

それはまるで、祈りの様に
内面から湧き上がってきた。


「永遠性」を牽引する「力強さ」。
それを目指して、私は生きていきたい。
そこに「美」を見出したい。


こうやって、迷い惑う道程の中で、
「確かなもの」と出会えること。

嬉しくてたまらなかった。
訪れることが出来て、本当に幸福だ。



b0053900_21224434.jpg

三岸好太郎美術館は、
北海道知事公館の敷地内にあります。
知事公館、超可愛い建物!

帰りは知事公館の庭を突っ切って。

ここもまた気持ちの良いところ!
今度はカメラを持って来たいなー!




























[PR]
by jadegreen_garden | 2010-08-01 21:22 | Exhibition


<< 日帰り福岡。 イサム・ノグチ『ブラック・マントラ』 >>