セバスチャン・サルガド 『アフリカ』

b0053900_20442156.jpg

都写美でサルガドの作品を見て来ました。

こうやって長期に渡って撮影し続ける情熱に感じいるとともに、
羨ましくて堪らない気持ちでいっぱいです。




アフリカの稀有な大地で
なんと重く深い命のやり取りが行われているのかと思いました。


自然も民族も病も、
何一つそこに生きる人々に優しくはない。


翻弄される木葉のような体をして、
それでも眼を強く見開き、渇いた唇を引き結んで

それでも生きて行こうとしている姿に
ただ魅入ってしまいました。
[PR]
by jadegreen_garden | 2009-12-10 20:44 | Exhibition


<< 科博の夜 写真展『横浜DOLLS』 >>